空き家管理に資格が必要?

ここ最近空き家が社会問題化していますが、高齢化や核家族化などの影響で今後も増えていくことが予想されます。
そのため、空き家管理をしっかり行う必要があります。
この空き家管理については専門家もおり、実際に活動している人も多いです。

・空き家管理士

空き家管理士
空き家管理の専門家としては、まずは「空き家管理士」です。
これは、一般社団法人空き家管理士協会が運営・管理している資格であり、空き家管理主の専門家のことです。
最近の空き家の増加に伴い様々な事業者が参入してきたことから、今後も資格取得を目指す人が増加する可能性があります。
実際は、不動産会社や関連会社など、空き家管理に関係した人たちが資格を取得しているのです。
現在は1級と2級の資格があり、1級は管理専門に仕事を行う人向けの内容になっています。
空き家管理士は所有者の相談に乗り、活用や処分の方法など、様々に提案を行います。
また、空き家管理士協会の事務所に、必ず1名以上の管理士は設置することが義務づけられています。
管理士は空き家の問題以外にも、相談者一人ひとりの悩みに応えて解決策を探っています。

・空き家相談士

空き家管理の資格としては、この「空き家相談士」も有名です。
こちらは、一般社団法人全国空き家相談士協会が運営・管理を行っている資格です。
相談士という名称の通り、実際の業務も相談やコンサルティングを主に行っています。
資格については認定セミナーを受けることで取得でき、建物所有者の相談に乗ったりアドバイスを行ったりしています。
空き家管理士の資格を保有している人の中には、この空き家相談士の資格も取得して仕事を行っている人がいます。

・空家空地管理士

空家空地管理士は、NPO法人空家・空地管理センターが運営・管理を行っている資格です。
なお、空家空地管理士は、空家・空地管理センターの管理エリアに1名の設置義務があります、
そのようなこともあり、そのセンターで登録されたエリア内で仕事を行う、外部事業者向けの資格と言えます。
空家空地管理士は、他の資格と比べて所有者よりのイメージが強いです。

・空き家判定士

この資格の正式な名称は「とくしま地方創生空き家判定士」であり、地方創生の一環として徳島県が運営・管理している資格になります。
資格取得は徳島県内の建築士であることが条件であり、その他にも、インスペクターや養成講座受講と言った一定の要件があります。
空き家判定士は毎年20名程度の方が受講しており、今後も増えていくことが予想されます。
最終的には徳島県知事が認証することで資格が付与されます。
空き家判定士は、徳島県内で空き家管理の仕事を行う方にオススメの資格と言えます。

・実家片付けアドバイザー

片付け屋こちらの資格は、一般社団法人実家片付け整理協会が運営・管理を行っている資格です。
空き家問題と直接関係がないように見えますが、建物内に残った遺留品を整理できない方も実は少なくありません。
そのような様々な遺留品などの整理に関して、実家片付けアドバイザーはアドバイスを行っているのです。
建物所有者の中に片付けで悩んでいる方がいたら、一度相談してみるのもいいでしょう。

・古家再生士

こちらは、一般社団法人全国古家再生推進協議会が運営・管理を行っている資格です。
古家再生士は、空き家の中でも築年数が経った古い家が対象になります。
この資格はリフォームなどのノウハウやスキルが必要であり、プロ向けの資格と言えます。

・専門家に相談してみてはいかがでしょうか

空き家の数が増加するにつれ、空き家管理が重要になってきています。
空き家管理は自分でもできますが、現在は資格を持った専門家も多いので一度相談してみるのもいいでしょう。